English Innovations スタッフブログ

【TOEFL・IELTS・TOEIC・英検】それぞれの違いを解説?【受験するべき試験がわかります】

英語の資格試験は様々な種類があります。

日本で主に受験されている英語試験は、「TOEFL」「IELTS」「TOEIC」「英検」です。

しかし、目的ごとに受験するべき試験は変わってきます。

例えば、企業へ就職するための英語力の証明であればTOEICとなります。

留学であれば、TOEFL,IELTSとなります。

今回は、各試験の違いを詳しく解説していきます。

この記事をよむと、それぞれの英語資格試験の違いを理解し、受験するべき英語資格試験がわかります。

それぞれの試験の取得目的の違いTOEFL,IELTS,TOEIC,英検

ここからは、それぞれの英語資格試験の違いに関して目的別に説明します。

大まかに分類すると下記表のようにわかれます。

試験の種類 スコア取得目的
TOEFL 海外、特にアメリカの2年制、4年制大学、大学院、専門学校進学のため。
国内の大学・大学院進学のため。
IELTS イギリス、オースラリア、ニュージーランド、カナダなどの2年制・4年制大学、大学院、専門学校進学のため。国内はTOEFLと同様。
TOEIC 日本企業、外資系企業への就職、転職のため。社内での昇進のため。
英検 国内の高校・大学、専門学校へ進学のため。また、海外留学のため。

 

それぞれの試験概要の違いTOEFL,IELTS,TOEIC,英検

次に、それぞれの試験の概要と違いを説明します。

TOEFL,IELTS,TOEIC

試験の種類 試験の概要
TOEFL 合計3時間~3時間30分。
リスニングが54~72分、リーディングが41~57分、ライティング50分、スピーキング(録音)17分となっています。(iBTの場合)
IELTS 合計2時間45。
ライティング60分、リスニング30分、リーディング60分、面接試験15分。
スピーキングのみ別の日に改めて受けることも可能。
TOEIC 合計2時間。
リスニングが45分、リーディングが75分。

英検

試験の種類 試験の概要
準2級 合計1時間30分の試験。
リスニング25分、リーディング65分。
上記、1次試験合格者は、二次面接試験6分があります。
2級 合計1時間50分の試験。
リスニング25分、リーディングとライティング85分。
上記、1次試験合格者は、二次面接試験7分があります。
準1級 合計1時間55分の試験。
リスニング25分、リーディングとライティング90分。
上記、1次試験合格者は、二次面接試験8分があります。
1級 合計2時間10分の試験。
リスニング30分、リーディングとライティング100分。
上記、1次試験合格者は、二次面接試験10分があります。

 

TOEFL,IELTS,TOEIC,英検テスト形式の違い

ここからは、テスト形式の違いに関して説明していきますね。

英検

筆記問題は全てマークシート形式です。

作文は手書きとなります。

ただ、注意したいのは、英検のCBTに関してはコンピューター受験で、二次面接も対面式ではないです。

TOEFL

現在、TOEFLは下記二つの試験タイプにわかれます。

・iBT

・iTP

iBTは、全ての技能、スピーキング、ライティング、リスニング、リーディングをパソコンを使用して行います。

ITPは、Level1,2のレベルがあり、内容はリスニング、ストラクチャー、リーディングの3セクションで構成されています。

iBTは、海外の大学・大学院・専門学校、国内の大学・大学院・専門学校進学の際に必要となるスコアです。

iTPは、マークシートを使った選択式のテストで主に、国内の大学や高校にて学生の英語力の測定や、クラス分けで採用されるスコアです。

IELTS

IELTSは記述式の英語資格試験です。

スピーキングテストに関しては対面式で行います。

現在は、コンピューターで受験するタイプもありますが、スピーキングは従来通り対面式となります。

また、IELTSは下記二つのタイプに分かれています。

・アカデミックモジュール

・ジェネラルトレーニングモジュール

アカデミックモジュールは、海外の大学・大学院・専門学校、国内の大学・大学院・専門学校進学の際に必要となるスコアです。

ジェネラルトレーニングモジュールは、海外へ移住するためのビザ取得の際に必要となるスコアです。

両方とも、スピーキング、ライティング、リスニング、リーディングの4技能の試験となります。

TOEIC

リスニング、リーディング全てマークシート形式となります。

問題数はリスニング100問、リーディング100問の合計200問です。

記述問題も対面面接もありません。

TOEFL,IELTS,TOEIC,英検出題分野の違い

次に、出題分野の違いに関して理解していきましょう。

英検

級によって出題範囲はことなります。

級が上がることに難易度は増していきます。

例えば、準2級となると「教育」「科学」などの分野から、2級となると「医療」「テクノロジー」などの分野から出題されます。

級ごとの出題範囲は、詳しくは英検のホームページに記載があるので、そちらをご確認ください。

TOEFL

出題範囲は多岐にわたります。

例えば、芸術、文学、哲学、天文学、物理学、経済学などの範囲から問題が出題されます。

IELTS

TOEFL同様、アカデミックな内容の試験なので、出題範囲は多岐にわたります。

例えば、人類学、経済学、文学などです。

TOEIC

おもに、ビジネスに関連する分野からの出題となります。

例えば、オフィスシーンの日常会話のやりとり、ビジネスレターや広告文から出題されます。

TOEFL,IELTS,TOEIC,英検 各英語試験の受験者数

ここからは、各英語試験の受験者数を見てみましょう。

英検
受験者数:116,183,309人(2019年度)

TOEFL
受験者数:800,000人(正式な受験者数は発表されていません。)

IELTS
受験者数:2,500,000人

TOEIC

受験者数:2,205,000人(2019年)

どの英語試験を受験するかは、それぞれのスコア取得目的に合わせてえらんでくださいね。

目的別の英語試験の選び方

ここからは、目的に合わせた英語試験の選び方を説明しています。

就職・転職に使いたい

就職・転職にて、自身の英語力を証明したい場合はTOEICを受験を選ぶことをお勧めします。

現在では多くの企業でTOEIC試験のスコアが浸透しています。

例えば、企業へ応募する際の、応募資格にTOEIC○○点以上と記載があることもあります。

企業によっても求められるスコアはちがいます。

例えば、外資系企業ですと、最低800点以上となっていることろもあります。

逆に日本企業ですと、600点取得が基準となっているところもあります。

最近ですと、社内の昇進などにもTOEICスコアが求められることが多くなってきています。

アメリカの大学・大学院へ進学ならTOEFL

アメリカの大学・大学院へ進学する際に提出が求められるがTOEFLのスコアです。

求められるスコアは大学・大学院によって違いますが下記が一般的な基準となります。

・2年制大学への進学   61点~(TOEFL iBT )

・4年制大学への進学 80点~(TOEFL iBT )

・大学院への進学  100点~(TOEFL iBT )

最近の傾向としては、一部大学・大学院はIELTSのスコア提出も認められるところがあります。

 

イギリス、オースラリア、ヨーロッパ圏への進学、移住ならIELTS

イギリス、オーストラリア、ヨーロッパ圏への大学・大学院進学の場合はIELTSのスコア提出をもとめられることが多いです。

例えば、オーストラリアの2年生の専門学校(TAFE)へ進学する場合、最低でも5.5が必要となります。

大学進学の場合は、5.5~6.5 大学院進学となると7.0以上のスコアが必要となることが多いです。

また、移住に関してもIELTSのジェネラル・トレーニングモジュールのスコア提出を求められます。

必要なスコアは国ごとに違います。

 

日本国内の進学には英検またはTOEIC

日本国内の高校、大学進学の場合は英検・TOEICのスコアを提出をする人が多いです。

理由は、例えばTOEICですと、TOEFL・IELTSと比べるとスピーキング・ライティングがないのでスコアとを取得しやすいです。

高校や大学によって求めてくるスコアは違いますが、推薦入試やAO入試で英検・TOEICのスコアのいずれかを求めてくる傾向があります。

TOEIC・英検いずれかのスコア提出が採用されている場合は、自身の英語力から選ぶのが良いかと思います。

例えば、英検は1次試験にライティング、2次試験ではスピーキングがあります。

ライティング、スピーキングなどのアウトプットが苦手な場合は、アウトプットがないTOEICを選ぶのもよい思います。

 

【参考】各種試験でのスコア換算をしたい

良く聞く声として、各種英語試験のスコアへ換算したいということです。

結論からお伝えすると、正確にスコア換算するこはできまません。

理由は、各種試験の内容と構成、技能数がそれぞれ違うからです。

下記にスコア換算表を記載させて頂きますが、あくまで参考程度です。

英検 TOEFL iBT IELTS TOEIC
120 9
119 8.5
117~118 8
109~116 7.5 970~990
1級 100~108 7 870~970
90~99 6 820~870
準1級 80~89 5.5 740~820
69~79 5 600~740
2級 61~68 4.5 550~600
52~60 4 500~550
準2級 45~51 3.5 450~490
33~44 3 300~440
3級 29~32 2.5 291~299
20~28 2 270~290
4級 12~19 1.5 260~269

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

TOEFL,IELTS,TOEIC,英検の違いを知ることができましたか?

試験が違えば対策方法も、必要となる勉強時間も異なります。

自身がスコアを必要としている試験を理解し勉強・受験をしましょう。

 

■TOEFL
海外、特にアメリカの2年制、4年制大学、大学院、専門学校進学のため。
国内の大学・大学院進学のため(主に推薦入試、AO入試)

 

■TOEIC
日本企業、外資系企業への就職、転職のため。社内での昇進のため。

 

■英検
国内の高校・大学(主に推薦入試、AO入試)、専門学校へ進学のため。
また、海外留学のため。

 

■IELTS
イギリス、オースラリア、ニュージーランド、カナダなどの2年制・4年制大学、大学院、専門学校進学のため(アカデミックモジュール)
イギリス、オースラリア、ニュージーランド、カナダへの移住の為(ジェネラル・トレーニングモジュール)
国内の大学・大学院進学のため(推薦・AO入試など)

 

TOEFL、TOEIC、IELTSのスコア、どうやって伸ばせばいいのか分からない!?

この記事を読んで、各種試験の違いを理解できたと思います。

次のステップは、各種試験の勉強を始めていくことです。

でも、試験概要は理解できたけど、勉強法は?教材・参考書はどれを選べばよいの?独学で目標スコアが達成できるのかな?

このような不安を抱えていると思います。

結論をお伝えすると、間違った勉強法、自身の英語力に会わない教材・参考書を使って、独学で勉強してもいつまでたっても目標スコアを達成することはできないでしょう。

目標スコアを達成できないということは、例えば海外の大学・大学院・専門学校への進学を目指していた場合、それが実現できないということになります。
また、社会人の方で就職・転職を実現するために、TOEICのスコア取得を目指していた場合、キャリアプランが実現できない事になってしまいます。

英語資格試験のスコアが取れないために、夢をあきらてたくはないですよね。

実は、そんな方たちの悩みを解決するために、TOEFL,TOEIC,IELTS対策専門スクール、イングリッシュイノベーションズがあります。

まずは、当校の無料体験授業に参加してみませんか?

当校の体験レッスンは学校についての説明もさせて頂きますが、スコアアップの秘訣についても一部伝授しています。

また、私たちのメソッドに自信と実績があるので、点数保証制度も設けています。

体験授業は、新宿・大阪(梅田)・横浜、京都(四条烏丸)・オンライン校で行っています。

 

特別割引キャンペーン実施中
\授業料が10%OFFに!/

関連タグ:, , ,

2021/07/27

執筆者 この記事を書いた人:nickmiller

特別割引キャンペーン実施中
\授業料が10%OFFに!/

かんたん1分無料体験レッスン予約

無料体験レッスンの流れ

授業の様子